前田誠の紹介 Profile

前田 誠(まえだ・まこと)は、
宝塚を拠点に活動する画家です。

素朴で暖かく、
自由で色彩豊かな作品が特徴。

現在も日本の島々や四国八十八ヶ所を巡り歩き、
出会った人々、風景の作品を描き続けています。

 

 

1977年 9月 4人兄弟の次男として京都府舞鶴市に生まれる。
舞鶴市立余内小学校、舞鶴市立城北中学校、京都府立西舞鶴高等学校第2類理数科を卒業。

2000年   母・和美(享年48才)と死別。

2004年   家政婦の福田淑子氏より絵具をもらい、絵手紙を描くことを勧められる。
画家・宮田為義氏と出会い、絵の手ほどきを受ける。

2005年 2月 大阪の道頓堀にある「ギャラリー香」にて初めて水彩画の個展を開く。
専門家のみならず、国内外から高い評価を受ける。この頃から油絵を始める。
アートトップ VOL.203、VOL.204に新進作家として掲載される。
  5月 宝塚に前田誠常設画廊「ギャラリー花の道」オープン。
前田誠作品展で、きしもとタロー氏(ケナ/ウッドフルート)、熊澤洋子氏(フィドルヴァイオリン)、岡崎泰正氏(アコースティックギター)による演奏会を開催。

2006年 4月 「前田誠作品集1」を刊行。
ギャラリー花の道1周年記念で、新井伴典氏(クラシックギター)による演奏会を開催。
  9月 中国、北京中国美術館内、西冷印社にて「前田誠 油彩画作品展~心の風景~」を、開催。サムサイズからF40号まで50点の油絵・水彩画を展示。 
中国美術館学術部、中国美術出版社、北京理工大学芸術院長、魯迅美術学院教授、中国書画家連合会理事の方をはじめ中国各界の著名人が多数訪れ、友好ムードのうちに5日間の開期を終える。
期間中、北京在住のタレントで画家の董浩(ドン・ハオ)氏が来館され、感銘を受けられる。
  11月 第32回 太陽美術協会主催 太陽美術展に初出展し、油彩画作品「さくら」(F100号)が初入選する。

2007年 1月 北京での個展後交流を深めていた北京在住の画家 董浩(ドン・ハオ)氏が来日し、富士山など日本各地を巡るスケッチ旅行に出掛ける。
  3月 日本芸術年鑑社発行の美術誌「芸術界」に取り上げられ、油彩画作品「さくら」、「紫陽花」が掲載される。
また、2007年度版「芸術界」に掲載された作品の内、最も多くの支持を集めた制作者に贈られる賞 である「世界平和最優秀作家賞」にノミネートされ、受賞をする。
  7月 京都文化博物館にて、再来日した董浩氏と共に、前田誠×董浩美術作品展「~心の旅~」を開催する。
  11月 大丸心斎橋店にて「-心の旅- 前田誠 洋画展」開催。油彩画39点を展示する。
第33回太陽美術協会主催 太陽美術展に「うろこの館」(F100号)を出展し、入選。

2008年  5月 四国八十八ヶ所巡礼を始める。
  11月 第34回 太陽美術協会主催 太陽美術展に「大山寺」を出展し、入選。

2011年 10月 常設画廊「ギャラリー花の道」閉館。

2012年 1月 「裸婦」「箕面の滝」他5点が、美術の杜大賞を受賞する。
BM美術の杜Vol.28 SPRING号に「洋画家、前田誠」が特集される。
  1月 大阪道頓堀「ギャラリー香」にて「美術の杜大賞受賞記念個展」開催。
  4月 大阪道頓堀「ギャラリー香」にて「心のつなぎあい」展開催。
  5月 イトーヨーカ堂アコス6Fギャラリーにて開催の「100の瞳の今展」に、「中山寺」を出展する。
  7月 2008年5月から始めた四国八十八ヶ所巡礼を達成する。
関西学院会館にて「四国巡礼達成記念パーティ」を開催。巡礼中に書き溜めていた水彩画を展示する。
  10月 「裸婦」がBM美術の杜「日中韓芸術創造賞」を受賞する。